アルコールの影響を受けやすいのは女性

年齢問わず若いころから飲酒、喫煙が好きで更年期を迎えてもやめられない人っていますよね。
あるいは喫煙はしなくてもお酒好きな人やその逆も然り。

ところで女性と男性とを比較した場合、アルコールの影響を受けやすいは女性の方である事をご存知ですか?

アルコールは程々に

アルコールの摂取は程々に少量であれば、さほど悪影響を及ぼすものではありません。

しかしアルコールの影響を受けやすい女性はアルコールの代謝機能が低いため、度を過ぎる飲酒が肥満、高血圧、肝障害などといった病気を引き起こす原因になります。

特に更年期というのは家庭内でも子供の自立や介護問題等、何かと環境の変化があったりストレスを受けやすい時期でもあります。

これに加え更年期障害の不快症状が出ていれば、その症状から逃れるために飲酒してしまう人も見られますがアルコールは程々に。

更年期とアルコール依存症

更年期という時期は更年期障害は勿論のこと、アルコール依存症にも注意する必要があります。

例えば夜眠れない時にやる寝酒は度を超えると依存症になってしまう可能性があり、一度アルコール依存症になってしまうと、そこから抜け出すのが非常に難しくなります。

だからこそ飲酒も程々にして飲みたいのであれば、ほろ酔い気分でやめておき楽しいお酒を頂くよう心がけましょう。

スポンサードリンク