更年期を迎えたら甘いものは控える

更年期を迎えたら甘いものは控えるようにしましょう。
この時期は更年期障害、肥満、動脈硬化、糖尿病など様々な病気に注意する必要があります。

それら病気の予防のためにも更年期を迎えたら出来るだけ甘いものの摂取は控える事をオススメします。

とは言え、実際のところ糖分といえば体を動かすために必要とされるエネルギー源となる、重要な役割を果たす成分のひとつです。

そのため全く摂取しない。というのも問題があります。
つまりは程々に。ということで。

糖分の1日の摂取量の目安

糖分の過剰摂取が続くとそれが肥満の原因になってしまう他、動脈硬化、高脂血症、脂肪肝など高血圧を引き起こす原因となる病気になってしまう可能性があります。

そうした病気も更年期障害と同じ時期の更年期に起こりやすいのです。
つまり更年期になったら糖分の摂取量も見直した食生活へと変えていかなければならないということです。

そうしないと更年期障害の不快症状に加え、更年期に罹りやすい病気になってしまうことで余計にも辛い思いをしてしまうことになります。

そのため出来るだけ甘いものを控えるために、糖分が含まれているジュースなどを飲む時には許容の範囲内の量を守って摂取するよう心がけましょう。

そこで糖分の1日の摂取量の目安、つまり許容の範囲内の量は「1日50g以下」となります。

果物の糖分はどうなるのか

果物にも糖分が含まれています。
そんな果物には果糖と呼ばれるものが多く含まれています。

果物に含まれる果糖は中性脂肪の合成を促進する作用がありますが、だからといって必要以上に過剰摂取してしまうと、これもまた他の病気を引き起こす原因となってしまいます。

そのため果物も食べ過ぎには十分注意してください。

スポンサードリンク