更年期障害に有効な抗酸化ビタミン

更年期障害に有効な食べ物のひとつに大豆製品があります。
その他に抗酸化ビタミンも更年期障害にとっていい成分のひとつです。
そこで更年期障害と抗酸化ビタミンのお話です。

誰もが加齢に伴い体内の活性酸素の除去力が低下してきます。
すると免疫力と抵抗力が低下しやすくなってきます。

そこで有効なのが更年期障害にも効果的とされる抗酸化ビタミンというわけです。
そこでビタミン類として抗酸化ビタミンだけでなくビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含む緑黄色野菜等を毎日の食事に取り入れる工夫をしてみましょう。

ということで抗酸化ビタミンを含む食材を使った調理法をどう工夫していけばいいのか。についてご紹介します。

調理法を一工夫

抗酸化ビタミンに期待できる効能を最大限に得たいのであれば、通常の調理法では無理です。
できるだけ体内に抗酸化ビタミンが吸収されやすくなるよう調理法を工夫する必要があります。

どんな食材でもそうですが調理法一つで体内への吸収率が変わってくるものですから、どうせ同じ抗酸化ビタミンを摂取するなら体内への吸収率を高く望める調理法で摂取していきたいものです。

そこで調理法を一工夫。
抗酸化ビタミンを含む食材として挙げられるのはβ-カロチン、ビタミンC、ビタミンEを含む以下の緑黄色野菜です。

  • ブロッコリー
  • グリーンアスパラ
  • ほうれん草
  • 小松菜

などがあります。
主にこうした食材は和え物や湯掻いてサラダにする調理法になると思いますが、より体内へのビタミンの吸収率を高めるための一工夫があります。

ビタミンの吸収率を高める一工夫

野菜に含まれるビタミンの吸収率を高めるための一工夫として、普段湯通しして食べるこれらの食材を油を使って加熱調理してみましょう。

すると、より効率的に体内へビタミンを吸収させることが出来ます。

このように普段口にしている食材も、調理法一つで体内への吸収率が変わるものです。
そのため更年期障害の予防や更年期障害の症状緩和のためにも、有効成分を効率よく吸収させることができるよう調理法を工夫してみましょう。

スポンサードリンク