何事もバランスが大事

いくら更年期障害の不快症状を軽減してくれるのに役立つ食べ物や成分だったとしても、それだけを摂取したり、過剰に摂り過ぎたりすることはいけません。
何事もバランスが大事なのです。

例えば大豆製品に含まれるイソフラボン。
イソフラボンは大豆製品から補うことができますが、この時摂取するのは本来のエストロゲンとは違う、自然界に存在してるホルモン作用を持つ物質になるわけです。

つまり例えばお豆腐1丁丸ごと一人で食べたとします。
これでピル1錠分相当のエストロゲンを摂取したのと同等程度の効力を期待できると思っていませんか?

実際にはお豆腐1丁食べたところで、思いの外エストロゲンの効力は発揮されておらず、それはピル1錠分と比較しても約10分の1以下ほどでしかないのです。

だからこそ更年期障害に有効な食生活においてもバランスが大事になるわけです。

植物性エストロゲンを過剰摂取すると

更年期障害になってしまった人であれば問題ありません。
逆にまだ閉経を迎えておらず更年期障害になっていない人が植物性エストロゲンを過剰摂取してしまうとどうなるのでしょうか?

この場合、月経異常が引き起こされる可能性があります。
そのためまだ閉経を迎えていない人は植物性エストロゲンの過剰摂取を控えるようにしましょう。

食事からエストロゲンを補給しようとするならば、とにかくバランスを考えて摂取することが大切です。

そこで今からできる更年期障害にならないための食生活の見直しとして、日々の食事に大豆製品を一品加えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク