エストロゲンを食事で補うために

更年期障害はエストロゲンが原因のひとつとなっているため、エストロゲンを食事で補うためには大豆製品を取り入れるのが一番手っ取り早いです。

これは大豆製品に含まれる成分のひとつ、イソフラボン(別名:植物性エストロゲン)が更年期に有効だからです。

そのため毎度の食事に大豆製品をバランスよく取り入れることで、毎日無理なくイソフラボンを摂取していくよう心がけましょう。
そうすることで更年期障害の辛い不快症状を少しでも緩和していくことが出来ます。

植物性エストロゲンについて

植物性エストロゲンとは、複数の物質の総称です。
科学的には「イソフラボン類」と「リグナン類」の2つに分類されています。

中でも一番私達が馴染み深いのが大豆製品にも含まれているイソフラボン類というわけです。

大豆製品はどれくらい摂取すればいいの?

更年期障害を軽減するための大豆製品の一日の摂取量の目安をご紹介します。
1日の摂取量として最適な目安は以下になります。

  • 豆腐半丁(約150g)
  • きな粉(20g)
  • 納豆約(60g 1パック)

思ったより大変そうな量ではないですよね。
例えば毎日の朝食に納豆を1パック食べれば1日分の摂取量の目安としてはOKということになります。

このように大豆製品を他の食材と一緒にバランスよく毎食の献立に組み込んで、不足分のエストロゲンを毎日無理なく補っていきましょう。

スポンサードリンク