更年期障害の若年化

本来、更年期障害が起こる年代は閉経を挟む前後で40代後半から50代以降とされてきましたが、最近はこの年代に変化が見られるようになりました。

それは閉経時期を迎えるには早過ぎるとされる20代〜30代の若い年代の女性達の間で更年期障害になる人が増えているというのです。

そして、このように更年期障害が若年化しても月経トラブルである月経不順、無月経の他、不眠、発汗など更年期障害で見られる主な症状が現れています。

しかし、こうした若年性更年期障害の場合、症状の緩和、予防や改善に生活習慣の見直しが大変有効とされています。

そのため日頃から不規則な生活を送っている人は、若年性更年期障害の予防のためにも生活習慣の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害とは、閉経を迎えるには明らかに早過ぎるとされる年代に起こる更年期障害のことを言います。

そして若年性更年期障害であっても現れる症状は通常の更年期障害と同様ですが、更年期障害になる原因が若年性更年期障害の場合は少し異なります。

また若年性更年期障害では月経トラブルである無月経になる人もいますがこの場合、早期月経の可能性もあり、病気等が原因で普通の人より閉経時期を早く迎えてしまうこともあります。

今ではこうした症状が出るのは、更年期よりもはるかに若いとされる年代の、特に20代、10代の間で増えてきているのです。

スポンサードリンク